青汁 選び方

青汁徹底比較!優秀な青汁だけをご紹介!

健康にいい青汁には種類がたくさんあって、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね!市販のものから通信販売限定のものまで、その種類は多岐に渡ります。

そんな青汁を上手に選ぶには次の5つの項目を抑えて選んでいく必要があります。その項目は原材料や成分、メーカー、信頼度、飲みやすさ、そして価格です。

ただこれだけの項目を比較するとなるとなかなか大変ですよね…。時間も随分かかってしまうはず…。そこで!当サイトではあなたに変わって青汁を徹底的に比較してみました!

人気の青汁の中から厳選し、より飲みやすく!より安全な青汁をその詳細なデータと共に紹介しています!評判の青汁から厳選して選んだものなので、上に書いたどの項目でも優秀な青汁ばかりです!どれを飲んでも間違いありません!

これから青汁を飲む方は是非参考にしてください!もちろん価格もお値打ちなので、絶対に気に入りはずですよ!

青汁で、簡単に摂取できる!妊婦さんに不可欠な栄養素、葉酸って何?

妊娠すると、多くの栄養素が必要になります。お腹の中で、新しい人間の生命が宿るので、自分の分の栄養だけでは足りなくなるのです。その中でも、妊婦さんに必要不可欠な栄養素と言われているのが、葉酸です。あまり聞きなれない、この成分ですが、特に妊娠初期に必要不可欠なのです。実は、厚生労働省も、妊婦さんを対象に一日0.4mgの葉酸の摂取を推奨しています。母子手帳にも記載されていることをみると、どれだけ重要な栄養素なのか、想像ができます。

それでは、なぜ、妊婦さんにこの葉酸が必要なのでしょうか?これは、葉酸が胎児の神経管閉鎖障害の発症を予防するからです。神経管閉鎖障害とは、脳や脊椎を形成する神経管が、妊娠初期に正常に形成されない先天異常障害の一種です。アメリカで、この病気の研究がされ、葉酸がこの障害の予防に役立つことが分かったのです。妊娠初期(12週まで)の適正な葉酸の摂取で、この障害の70%は予防できると言われています。ですので、特に妊娠初期にはこの葉酸を、意識的に摂取する必要があるのです。

さらに、葉酸は妊婦さんが掛かりがちな貧血や便秘の防止にも効果があります。しかし、この聞きなれない葉酸は、どのような食材から摂取できるのでしょうか?葉酸は、ホウレンソウや芽キャベツなどの青野菜に豊富に含まれています。そして、緑黄色野菜飲料である、青汁なら手軽に摂取できるのです。葉酸摂取に青汁が勧められる理由として、葉酸が熱に弱いという事が挙げられます。葉酸を含む野菜であっても、熱したり、ゆでたりすると、葉酸はなくなってしまうのです。

もちろん、複合的な要因で起こる胎児の神経管閉鎖障害ですが、その70%が予防できるなら、妊婦さんが葉酸を摂取しないという選択肢はありません。そして、その葉酸を摂取する最も簡単な方法が、青汁を飲むことなのです。

現代人の多くが悩む、胃腸の病気…予防には、この健康食品がおすすめ

ストレス社会という言葉が当たり前になって久しいが、ご多聞に漏れず、日々ストレスにさらされている。朝から晩まで、仕事で睡眠も食生活も不安定。スポーツや趣味の一つもしたいのだが、そんな時間もない。最近は、気のせいか胃がチクチク痛む。昔、胃潰瘍を患った時があったが、あんな病気はもうごめん被りたい。なんとか、人間に基本の食生活だけでも整えていきたい。そう考えて、同僚にアドバイスを貰った。どうやら健康食品の中でも、青汁が手軽で、胃腸にいいって聞いた。毎日青汁を飲めば本当に、胃が良くなるのだろうか?

胃に何らかのトラブルを抱えている場合、まず第一に、刺激のあるものは避けるべきです。しかし、栄養はたっぷり取らなくてはいけない。つまり、刺激を与えないで尚且つ、様々な栄養素を得られるのが理想なのです。当然、沢山食べるとそれだけ、胃に負担がかかります。でも、沢山食べなくては、栄養が取れない…。そのジレンマを解消するのが、青汁なのです。

青汁には、ビタミン・ミネラルなど、体が必要とする栄養素が豊富に含まれています。さらには、胃腸の働きを助ける食物繊維もたくさん含まれているのです。食物繊維は体内で消化されず、腸内の水分を取り込みつつ、不要な排泄物を体外に押し出します。つまり、お通じを改善する働きがあるのです。便秘などの、胃腸を圧迫する要素を、食物繊維は排除して、体調を良くする働きをするのです。さらにいえば、通常、一日に必要な食物繊維はレタス10個分と言われています。青汁は、その量を手軽に摂取できます。

また、胃腸がとても悪い状態の人で、青汁を飲むのもシンドイという人には、ポタージュに青汁を混ぜるという方法があります。ポタージュに、栄養素満点の青汁を加えるレシピは、特に胃腸が弱ってる人でも、安心して飲める健康食品としてお勧めです。温かいポタージュが胃の中に広がって、青汁の豊富な食物繊維が胃潰瘍や胃腸の病気を予防します。もちろん、ポタージュと青汁は味の面でも相性抜群です。美味しく飲めて、胃にも優しい、一石二鳥の健康レシピなのです。

青汁は苦い、はちみつは甘い…両者を合わせると、いったいどうなる?

はちみつと青汁、この相反する味を持つ食材を合わせると、どうなるでしょうか?はちみつは、甘みが強いのはご存じのとおりです。そして、青汁は一般的には、苦みがあると言われています。あるアンケートの結果では、この二つを合わせると、90%の人が、美味しくなった又は、飲みやすくなったと答えているのです。青汁を美味しく飲むために、はちみつを加える。これは今や、常識となっている飲み方の一つです。

では、栄養の面ではどうでしょうか?青汁は、緑黄色野菜が成分の元なので、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれています。対して、はちみつは古くから、吸収性の良いエネルギー源として、人々に親しまれてきました。二日酔いに効く、傷口に塗ると回復が早い、風邪・便秘・胃潰瘍の予防にも効果を発揮する等々、沢山の効果を持つ成分を持っているのが、はちみつの特徴なのです。

具体的には、はちみつには、栄養素としてビタミンB1・ビタミンB2などが多く含まれています。ビタミンには、活性型と不活性型という二つの種類がありますが、はちみつに含まれるビタミンは、ほとんどが活性型のビタミンです。逆に、サプリメントなどは、同じビタミンでも不活性型のビタミンなのです。不活性型のビタミンは、大量に摂取して初めて効き目が表れます。それに比べて、はちみつに含まれる活性型のビタミンは、体内への吸収率が早く、その質もサプリメントとは違い、より自然に近い栄養成分なのです。

そのほかの、はちみつの特徴としては、保存料や添加物なしで約2年間も保存がきくことです。これは、はちみつの中に含まれる、グルコン酸の強い殺菌力の効果です。このグルコン酸の殺菌力が、口内炎や湿疹や火傷に効果を発揮します。また、保湿効果のある成分も含まれており、美容にも強い力を発揮します。

栄養素や様々な効果がある、このはちみつ、とはいえ、カロリーが高いんじゃない!?という声が聞こえてきそうです。甘みが強いので、とてもカロリーが高そうだと思われがちな、はちみつですが、実は砂糖よりも低いのです。もちろん、大量に使うとカロリーが多くなりますが、ダイエットをしている人は、砂糖の代わりにはちみつを使って、その効果を実感しています。

青汁の緑黄色野菜の栄養分と、はちみつの健康や美容に効果を発揮する栄養分が合わさると、それぞれの単体よりも強い栄養素を持つ健康飲料が誕生します。子供から大人まで、だれにも好かれるその飲みやすさも最高です。ただ、気を付けるべき点もあります。はちみつを大量に使わない事(カロリーが高くなる)、1歳未満の子どもには、飲ませない事(はちみつの成分が良くない影響を与える)です。この2点に気を付けて、青汁+はちみつを、美味しく飲みましょう!